FILE:047 この素晴らしい世界に祝福を!2

◆評価:★★★★(79)

TITLE

この素晴らしい世界に祝福を!2

(このすばらしいせかいにしゅくふくを!2)

DATA 2017年

 

◆あらすじ。

不慮の事故により異世界に転生した、
ゲームを愛するひきこもり・佐藤和真(カズマ)は、

「RPGゲームのような異世界で、憧れの冒険者生活エンジョイ!めざせ勇者!」

という夢はイマイチ叶わないものの、
なんとかそれなりに、異世界での日々を送っていた。

 

転生特典として道連れにしてきた女神・アクア。
一日一発しか魔法を撃てないアークウィザード・めぐみん。
攻撃が当たらないクルセイダー・ダクネス。
能力は高いのにとんでもなく残念な3人のパーティメンバーたちとも、
なんとかそれなりに、クエストをこなしていた。

 

―――そんなある日。

機動要塞デストロイヤーの驚異から
アクセルの街を救ったカズマたちに、
王都からやって来た使者は言い放った。

 

「冒険者、サトウカズマ。貴様には現在、
国家転覆罪の容疑がかけられている!」

 

……平凡な冒険者・カズマが過ごす異世界ライフの明日はどっち!?

※引用元『この素晴らしい世界に祝福を!2』アニメ公式サイト

<KADOKAWA anime>より

 

◆期待を裏切らない面白さ。

『このすば』第1期の最後に、町の英雄として喝采を浴びたカズマだったが、今度は一転して犯罪者として捕まってしまうところから話がはじまる。

 

取り調べから裁判へと進んでいく流れはサスペンス的でありながら、それを見事にコメディへと昇華しているので、観ていて飽きないし、大笑いできる展開が次々とやってくる。

 

第2期へと続く作品の中には、進行が停滞してマンネリ化するか、あまりの超展開で白けてしまうか、あるいはその両方を併せ持つヒドイ作品が珍しくないのだが、本作は(続編としての最重要課題である)さらなる面白さを追求し、見事に達成していると言えるだろう。

 

本作のような『痛快お気楽ギャグアクション』的な作品は、定期的に存在していてほしいジャンルである。

 

◆物語は2部構成

前半はカズマの裁判物語が中心となり、後半はいよいよファンタジーらしく旅へ出ることになる。

旅と言っても目的は湯治であり、町へ戻ってくることが前提なのが『このすば』らしいストーリーである。

 

目的地は「アルカンレティア」と呼ばれている温泉郷。

 

そしてこの街はヒロインである女神アクアを信仰しているアクシズ教団の総本山でもある。

彼女を崇拝する信者たちがたくさんいる街なのだが、その信者の行いがどれもヒドイものであり、現実における「ちょっとアブナイ宗教」のあるあるをパロディにしている。

 

一度でも街中でしつこい勧誘を受けたことがある人なら思わず笑ってしまう要素が盛り込まれていて、アニシエも「あー、こんな奴いるいる」と笑わせてもらいました。

 

駄女神の烙印を押されたアクアは、信者に自分が本物の女神だということを信じてもらえず、カズマたちは信者たちのしつこい勧誘に辟易するのだが、これらの楽しい不協和音は、クライマックスにとびきりの連携をみせてくれる。

 

そこで合唱されるアクシズ教団の教義のヒドさは、ぜひご覧になって確かめてもらいたい。そして大笑いしてもらいたい。

 

◆作り方を変えて成功している。

とはいえ、全体を通してコメディ要素が少なくなっているかな? という印象を受けた。

しかし、それは面白さが減っているという意味ではなく、しっかりとしたストーリーを描いた上で、ひとつひとつのオチが大掛かりになっているという作り方の差異であることに気づく。

 

前作が、なだらかなアップダウンの連続であるとするなら、本作は高低差の高いアップダウンが数回あるようなイメージである。

 

ギャグの勢いだけに頼ることなく、しっかりと物語を構成した上で、進んだ分の物語をチャラにするようなオチを描く。

 

カズマたちは、はたして街や世界を救っているのか? 

 

振り出しに戻るようでいて、微妙な速度で前に進んでいるようなスローペースな展開が、この先もまだまだ楽しませてくれるんじゃないか、という期待感に変わるよう組み立てられているのはさすがである。

 

◆総評。

テンポの良さがあるのに、物語的にはちっとも進まず、振り出しに戻る。
だが、それが決して観ていて悪い気がするものではない。

 

なによりもキャラクターが生きている。

誰かが話している横で(あるいは画面では見えないところで)ぶつくさとツッコミや愚痴をこぼす登場人物たち。

世界観とキャラクターという大事な設定要素を繊細に活かしている。

だから、些細なシーンでも飽きずに観ていられるのだろう。

 

とにかく大笑いしたい人は必見の作品である。

 


記事内関連商品のご案内。

『この素晴らしい世界に祝福を!第2期Blu-rayBOX』

◆笑いたいときに用意しておきたい作品です!


この素晴らしい世界に祝福を!2 Blu-ray BOX

 

原作ライトノベル『この素晴らしい世界に祝福を!』

◆物語の結末が気になったら原作を読もう!


この素晴らしい世界に祝福を! 全巻セット (文庫)